ミチやん さんの和装前撮り体験談:和装前撮りブログ

ミチやん さんの和装前撮り体験談

投稿者広島県/40代/ミチやんさん
撮影店舗大進創寫館
撮影時期2009年

logo

和装前撮りにかけた費用

¥70,000円

衣装・髪型

撮影時の衣装

白無垢

色打掛

撮影時の髪型

かつら

角隠し

満足度・感想・アドバイス

満足度(★5点満点):★★★★

感想

和装前撮りは、私の母の提案で、私と私の家族で行いました。
理由は、結婚式を主人の実家のある九州で行うことになっていたからです。
この先記念日があっても、一緒に写真を撮ることはなかなかないと思ったようで、最後になるかも知れないからと提案してくれました。
予約をし、打ち合わせを終えて、写真を撮影するまでの間で一番楽しかったのは、やはり衣装選びです。
結婚式で着るものは、やはり遠慮もあったので、主人や主人の実家がわの意見をかなり取り入れました。
ですので、自分と自分の家族でとる写真は、思い切り自分の着たいものだけを選んで着ました。
着付けやメイクもしていただきました。
何か一つ、家族との思いでで強く残っているものを持ちたいと思い、祖母が残してくれた指輪を指にして撮影しました。
色打掛も白無垢も、家族で撮ったものと、一人でアップで撮ったもの、一人で全身で撮ったものを記念に残しました。
きれいに写っている写真よりも、笑顔で写っている写真を選んで残しました。
結婚後、年に数えるほどしか会えなくなってしまったので、いい思い出になりました。

困った事・これから和装前撮りをする方へのアドバイス

驚いたのは、撮影中に突然生理になってしまったことです。
いつもよりずいぶん早かったので、何の用意もしていませんでした。
お店側が、ナプキンなどを用意されていたので、いただくことができました。
長襦袢が汚れてしまったのですが、お店の方が優しく「大丈夫です。女性には、よくあることですので、こういったこともレンタル料に含まれています。何も心配しないでください。」とおっしゃってくださったので、最後まで心配せずに楽しく撮影することができました。

苗字が変わる前に記念に自分の家族だけで写真を撮ることは、とても意味のあることだと感じます。
結婚後、遠く離れることになっても、写真を開けば自分の家族との絆の強さをいつでも再確認できます。